生活習慣病の予防

生活習慣病の予防

日本人の平均寿命は、男性78.07歳、女性84.93歳(平成13年)と男女共に世界一の長寿国です。これは、医療や社会保険制度、公共設備の充実等生 活全般の高い水準が保たれていることや長年の食習慣が健康に適していたと考えられています。しかし、近年では飽食や運動不足等による生活習慣から生じる病 気が問題となっています。日本人の死亡原因は、1位 ガン、2位 心疾患、3位 脳血管疾患と数年来変わらず、その主要な原因が生活習慣病です。


(1) 生活習慣病とは
 日ごろ行っている生活の習慣に起因するもので、以前は、成人病と呼ばれていました。近年では若年層にも見られるようになったために、生活習慣病と呼ばれるようになりました。これらの原因は、偏った食事、運動不足、ストレス、過度の飲酒や喫煙などによると考えられます。
生活習慣病とは、以下のものをいいます。
①高血圧症 ②心疾患 ③痛風
④高脂血症 ⑤脳血管疾患 ⑥脂肪肝
⑦糖尿病 ⑧ガン ⑨胃潰瘍等


(2) 予防方法
①食生活を見直しましょう。
 食事は、摂取カロリー、栄養、朝昼晩の食事量のバランスが重要です。塩分や糖分の量にも気をつけましょう。

②運動をしましょう。
 適度な運動は、体重のコントロールや基礎代謝を高めるだけでなく、精神面の安定も図ります。

③休養を取りましょう。
 疲れているときには、休養をとりましょう。疲労回復には十分な睡眠が必要で、睡眠不足は自律神経のバランスを崩した
り、免疫力の低下を招きます。何時間寝れば十分かは、個人差があるのではっきりとはいえませんが、できるだけ就寝時間と起床時間を決めて規則正しく睡眠をとりましょう。

④飲酒、喫煙は控えましょう。
 適度な飲酒は「百薬の長」と言われていますが、過度の飲酒は肝機能の障害、肥満、脳血管障害などを招きます。また、思ったよりもカロリーも高いもので す。1日の分量として、ビールなら中ジョッキ1杯、日本酒なら1合、ワインならグラス1杯程度に収めましょう。喫煙は、「百害あって一利なし」。自身だけ でなく周りの人にまで、ガンなどの疾患を招きます。

⑤ストレスをためないようにしましょう。 
 ストレスがたまると、自律神経のバランスが崩れ、いろいろな病気を招きます。入浴、適度な運動や趣味など、自分にあった健康的な方法で解消しましょう。飲酒や喫煙などによるストレス解消はやめましょう。

⑥定期検診を受けましょう。
 自分の体の状態を知っておくことは、生活をどのように改善すれば良いかを知るバロメーターになり、病気の早期発見にもつながります。
 
 病気になったり、病気を進行させることにならないように、日頃から?から?に気をつけて生活しましょう。