2017年5月アーカイブ

医事相談6月のお知らせ

内科の医師  整形外科の医師  理学療法士が  

体の状態に合わせてどんな運動をすればよいか,相談をお受けしています。

気軽にご相談ください。

詳しくはこちら ⇒

医事相談6月.pdf

「第26回障害者シンクロナイズドスイミングフェスティバル」(5月13日・14日)が開催されました!

平成29年5月13日(土)から14日(日)に,京都市障害者スポーツセンターにおいて,「第26回障害者シンクロナイズドスイミングフェスティバル」を開催しました。
参加団体は,北は宮城県から南は福岡県,さらに台湾からの参加もあり,全21団体が集い日ごろの成果を発表しました。
また,本フェスティバルでは,順位をつけず,演技に対する講評をシンクロ委員が行い,印象の深かった演技に対して「ナイスシンクロ賞」を贈りました。
 
【ナイスシンクロ賞】
 <デュエットの部>
  ・名古屋ベルーガ(愛知県)
   (相馬由紀,大西恵子)
   s-DSC02680.jpg
   s-DSC02702.jpg
 
 <チームIの部>
  ・クリナシンクロクラブA(東京都)
   (杉浦瑞穂,木下久実,新井由希,山口結,松本成子,丸井幸枝,山本昌,
    磯川みゆき,吉田協子,田代育子,田代悦子,山口博子,松本エリ子,
    中村道子)
 
   s-DSC01158.jpg
   s-DSC01161.jpg  
 
 <ソロの部>
  ・京都コスモス(京都府)
   (岡本都乃)
   s-DSC03319.jpg

   s-DSC03351.jpg

また,関係団体をはじめボランティアの皆様,運営へのご協力やお手伝をいただき,誠にありがとうございました。皆様のおかげで無事大会を終了することができました。本当にありがとうございました。

出場者の皆様もたいへんお疲れ様でした。また来年,皆様にお会いできることを楽しみにしています!

「第34回京都磁場の会ミュージック・ケア京都体験セミナー」開催のお知らせ

近年、多くの医療・教育・福祉の現場で音楽療法が注目されています。京都セミナーは、京都磁場の会として1985年に加賀谷集団音楽療法の夏季学校を開催して以来、毎年開催してきました。ミュージック・ケアは音楽の特性を生かし、その人がその人らしく生きるための援助を行う音楽療法のひとつです。参加者と心と心を響かせ合いコミュニケーションを図ることを大切にしています。全国で多くの方が実践し医療・教育・福祉の現場で活躍されています。皆様お誘い合わせのうえぜひご参加ください。

[講師]
宮本啓子氏
(NPO法人日本ミュージック・ケア協会理事長・日本音楽療法学会認定音楽療法士)
伊藤美恵氏
(NPO法人日本ミュージック・ケア協会副理事長・日本音楽療法学会認定音楽療法士)

詳しくは以下をクリックしてください。
↓↓↓