エコロベース

エコロベース

人と環境にやさしく"を基本理念に「ベースボールのルールをやさしく!」「より安全に!」
「だれにも!」「どこにも!」・・・と考案され世界に発信したのがエコロベースです。

5つの基本理念
○ Ecology・・・・・・・地球資源、生態系の保護
○ Easy・・・・・・・・・・老若男女を問わず、誰でも楽しめる
○ Entertainment・・スポーツレクリエーションとして楽しめる
○ Education・・・・・青少年の育成
○ Economy・・・・・・竹資源や再生材活用の経済効果

yougu.jpg  battingu.jpg  hokyu.jpg

人にやさしい安全ルール
● 野手はフィールド内の内野と外野の守備ゾーンでプレー。
● 打球や送球がファウルラインを越えたときはボールデッド(試合停止球)。
● 打球が内野ゾーンをゴロで越えれば確定安打。ホームランラインをゴロで越えれば二塁打、ダイレクトで越えればホームラン。
● 走塁用と守備用のダブルベース制で、走り抜けセーフ。
● 離塁、盗塁、スライディング、バントを禁止。
● 走者へのボールタッチは禁止、走者の進塁先か帰塁先への送球でアウト。

ピッチャーはスローピッチ投法
● 投手は下手投げのスロー投球でホームベースを越えて捕手前にワンバウンドすること。
● ストライクゾーンは、打者の投手側の肩から補手側の膝頭上部、左右はホームベースの上の空間で判定する。

京都市障害者スポーツセンター特別ルール
● 投手は、打者により投球位置を変える。
● 内野ゾーンの前方はファールゾーン。
● 下肢障害があり、塁間を走ることが困難な方に関しては、選手側の希望により、代走(所定の位置より代走)をたてるか、またはホームと1・2塁間の距離を7.5m(通常15m)か3.5mとしてプレイすること(守備側は通常のベースを使用)を選択できます。 ● 視覚に障害がある方には、バッティングをサポートする器具があります。

お問い合わせについて

お気軽にお電話下さい。
TEL:075-702-3370
FAX:075-702-3372

KES