2009年7月アーカイブ

廃案で良かったのかも知れませんね......。

先週、衆議院が解散になりましたが、この約1ヶ月の間、麻生首相の不信任案が出され、それによって審議拒否ということもあり、この国会で審議可決を目指していた114の法案が廃案になってしまいました。

それらの中に障害のある人々の生活に直接関連する「障害者自立支援法改正案」や「生活保護法改正案」」があったことをご存知だったでしょうか。この厳しい世の中にあって、社会的に弱い立場にある人々のための法案を置き去りにして選挙に走る人達の気が知れません。

とは、いうものの、「要介護認定改正案」のように改正案が通っても、介護認定の公平性を目指しながら、現実の場面で介護認定の間口が狭まったり、実際より軽度に認定されるようなってしまうのでは、改正した意味を成しません。それに、この改正ではそれまでの認定より軽度に認定された場合には、一定期間に限って、元のとおりというのも、その人の人生における尊厳性を重視するという観点からみればおかしいと思えますし、ましてや、現場からの突き上げで、さらに変更するなど、何を考えているのでしょう。

詳細はわかりませんが、「障害者自立支援法改正案」が介護認定と同様な改正なら、廃案で良かったのかも知れませんね......。

「ゆっくりと休養」

毎日、暑い日がつづきますが、皆さん、体調はいかがでしょうか?

元気にセンターへ運動をしに来ていただいてますか?

中には、暑いから運動を控えて涼みに来られている人も見かけますが......。

あまりの暑さに1週間ほど前、急に職場のパソコンまで調子がおかしくなり、ブログを書こうと立ち上げると、指示もしないのに画面上を勝手に、「。」が。。。。。。。。。。とエンドレスに走り、何をどうしても、止まらない、直らないのです。

お手上げ状態のまま、自分の携帯用のパソコンを持ってきて使おうとしていたのですが、この1週間、休館日が2日あり、見学の受け入れや会議などがあって、思うようにブログを書く時間がとれませんでした。

今日こそ、遅れているブログを書こうと自分のパソコンを開けたのですが、携帯用なので打ちにくく、もう1度職場のパソコンにチャレンジをしてみることにしました。

すると、なんということでしょう。何をどうしても、。。。。。。。。。。が止まらず、直らなかったパソコンが、正常に作動するではありませんか。

何がどうなったのか判りませんが、ともかく、よかったの一語に尽きますが、不思議としか言いようがありません!

暑い時期は、人間だけでなくパソコンのような機械にもゆっくりと休養が必要なのかなと思った出来事でした。

自分で進化した自分を見てみたいものですね。

早くも7月を迎えて います。

ついこの間、正月を迎えたばかりと思っていたのに、時の経つのは、実に早いものですね。

知らぬ間に、当然、年齢も重ねているということです。

人間の寿命も延び、年々成長はあるものの、一生の中で進化を見るということはできません。

人間など動物の進化は、何万年、何十万年という気の遠くなるような時をかけて、突然変異と自然淘汰を繰り返して行われると、ダーウィンの進化論で習った記憶があります。自分の生のあるうちに進化した自分を見られないのは残念ですね。

そういった意味では、今話題から少し外され気味ですが、動物が気の遠くなるような時をかけなければできない進化を、わずかな時間でしてしまう新型インフルエンザウイルスの能力を、良い、悪いは別にして羨ましく思います。

自分で進化した自分を見てみたいものですね。