2011年6月アーカイブ

「センターの節電対策」についてのこと

先日、センター内を巡回している時のことでした。
トレーニング室の前で、中から出て来られた利用者の方に呼び止められて聞かれました。
何のことかと聞いてみると、「センターの節電対策」についてのことで、電力不足による節電が叫ばれている時なのに、センターのトレーニング室は、まぶしいぐらいライトが煌々と点いているので聞いたとのこと。
センターとしては、以前から通路などのなるべく直接の利用目的以外の場所(個所)であまり利用に影響の出ない範囲でライトを消灯するなどの節電対策をとってきました。
とはいいましても、視覚に障害のある人のように一定の明るさが、必要とする人たちの利用もありますので、他の体育施設のように真っ暗にするような状態には出来ません。
しかし、昨今のような社会情勢においては、センターも取り組まなければならないことで、障害のある人々のための施設だからといって、避けて通れるものではありません。
ただ、センターは開所当時から明るい環境の中で利用されてきましたので、利用者の方や職員は、それに慣れてしまっている感があるのも事実です。
センターでは、どうしても必要なものと、あった方がよいものと、なくてもよいものとを区別して、使い分けていきたいと思います。

運動をして体力を養うことは、大切なこと!!

ブログを書き始めてから初めて1月間、間を空けてしまいました。
5月に連休があったのもさることながら、風邪をひいてダウンをしていたのです。
突然何の兆候もなく声が出にくくなり、その晩から咳き込むようになって2週間、熱などは出ませんでしたが、昼夜を問わず咳に見舞われて食事や睡眠が取れなくて体力を奪われるばかりでした。近年になく苦しい思いをした半月でした。日頃の運動不足による体力の低下を痛感しました。
季節の変わり目の体調を崩しやすいこの時期、皆さんはくれぐれも健康の管理にご用心ください。
やっぱり、センターに通って運動をして体力を養うことは、大切なことなのですね!