2012年2月アーカイブ

すこしずつ時間をかけて

昨日の気象庁発表の新聞記事によりますと、3月からの気候は、今月までの厳しい寒さと打って変わって暖かくなるとのことでした。
ただ、夏は暑さが厳しいともありました。
寒さ厳しいこの時期に、こういうことを言うのは、あまりピンときませんが、今年の厳しいとされる夏を乗り越えられるように、夏に向けて、しっかりと体力づくりをしなければならないのは言うまでもありません。
そのためには、体を動かすことが慣用です。
ただ、いきなり動かすのではなく、すこしずつ時間をかけて動かし、ペースを上げていくことが大切なのです。
3月になって暖かくなり始めたら、動きやすくなりますので、いま、じっとしている人は運動を始めましょう。
センターでは、ボイラーの交換も終え、新たな環境で皆さんのお越しをお待ちしています。

今日は「節分」。

つい先日、年を越したばかりと思っていたら、気がつくと早くも2月。
そして、今日は「節分」。
ということは、明日は、暦の上で「立春」ですね。
暖かい春が日ごとに近づいて来ています。
まだまだ寒さは厳しいですが、負けないでセンターへ来て、カラダを動かしましょう。
ところで、皆さんは、「節分」が1年に4回あるということをご存知ですか?
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日が「節分」にあたります。それらの日のうち、春の節分だけが、新たな年を迎えるというので大切に扱われ、厄を祓うという意味で、「豆」を「魔の目」にかけて食べたり、固い豆を鬼に投げて追い払う、鬼が嫌う臭いのあるイワシを食べたりするなどの行事が目立っているようです。
巻きずしを「恵方巻き」といって食べるのかは何故だか分かりませんが、ちなみに、今年の恵方は「北北西」とのことです。
今年も、良い年になるといいですね。